観光案内

sightseeing観光案内

伊根・京丹後エリア

伊根の舟屋

観る伊根の舟屋

舟屋は、母屋から道路を挟んで海際に建てられ、1階には船揚場、物置、作業場があり、出漁の準備、漁具の手入れ、魚干物の乾場や農産物の置き場等と幅広く活用されています。2階は生活の場、客室、民宿等に活用されています。海面すれすれに建てられた舟屋は全国でも大変珍しく、その景観は伊根町独特の詩情を漂わせています。

詳細を見る

伊根湾めぐり遊覧船

遊ぶ伊根湾めぐり遊覧船

丹後半島の東端にある伊根町では、船のガレージを舟屋と呼んでいます。周囲5キロメートルの湾に沿って230軒あまりの舟屋が立ち並ぶ風景は壮観で、全国的にも珍しいものです。 海から「かもめ」と一緒に「舟屋」や「青島」を見る約30分の伊根湾めぐりをお楽しみ下さい。

詳細を見る

新井の棚田

観る新井(にい)の棚田

朝日を受けて日本海を望む斜面に築かれ田が輝く光景はとても美しく圧倒されます。

詳細を見る

浦嶋神社

伝説浦嶋神社おとひめ(伊根町)

童謡でも有名な浦嶋伝説。伊根町の浦嶋神社には、乙姫が持たせたという玉手箱や乙姫の小袖、龍宮を描いた絵巻物などが残されている。

詳細を見る

経ヶ岬灯台

観る経ヶ岬灯台

丹後半島の先端、海抜140mの断崖に立つ経ヶ岬灯台は京都百景に選ばれた景勝地。 映画「新・喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなりました。マリンブルーの海を背にした、このフランス製の白亜の灯台は丹後町のシンボルとして多くの方々に親しまれています。沖を通る船から見ると、経ヶ岬の海岸は、玄武岩が崖状になって岐立しており経本のように見えるので、船人達がここを通る時、安全を祈り、お経を唱えながら通ったのでこの名がついたともいわれています。

詳細を見る

袖志の棚田

観る袖志の棚田

袖志は半農半漁の集落で、地元農家で維持管理されてきました。日本の棚田100選にも選ばれており平成9年度に「中山間ふるさと・水と土保全基金」活動の一環として、棚田保全について地域づくりを進めてきました。

屏風岩

観る屏風岩

筆石地区の海岸に屏風のようにそびえる高さ13mもある奇岩で、北西の方にかけて、小さい岩が5つほど海に浮かび、それらがちょうど一直線になっており、台地の亀裂の変化を物語っています。

丹後松島

観る丹後松島

此代から東方、経ヶ岬の方を見る眺めが日本三景のひとつ「松島」に似ている事から、こう呼ばれるようになりました。リアス式海岸の奇岩怪岩がつくりだした、この丹後随一の景勝地には、海水浴場がありリゾート地としても人気があります。

丹後松島展望所

丹後松島展望所(犬ヶ崎トンネルの東口)から平海水浴場を見下ろすと、日本三景のひとつ「松島」にそっくりなことから、丹後松島と呼ばれるようになりました。経ヶ岬を一望できる景勝地。展望台には、桜の木があり、春は丹後松島をバックに見る桜も絶景。

立岩

観る立岩

竹野川河口の砂洲に大きな柱状摂理の玄武岩がそびえ立つ。周囲が約1㎞にも及ぶ全国屈指の一枚岩柱状摂理の玄武岩の姿は圧巻。ここは、古代に大陸からの渡来船が漂着したところといわれる。また、用明天皇の皇子で聖徳太子の異母弟といわれている麻呂子親王の鬼退治伝説の地でもある。近くには、水が美しいことで有名な後ヶ浜海水浴場(のちがはまかいすいよくじょう)があります。

伝説はしうど皇后・聖徳太子母子像はしうどこうごう (丹後町・間人)

用明天皇の皇后で、聖徳太子の母后。大和の国が蘇我氏と物部氏との争いで揺らいでいたころ、現在の間人にあたる大浜の里に移る。里人に心温まるもてなしを受けた皇后は感謝の意を込めた歌を詠み、この地に「間人(はしうど)」の名を与える。村人は皇后が退座された折に「間人(たいざ)」と呼ぶようになったという。

古代の里資料館 内復元弥生住居

観る古代の里資料館

古代の遺跡が多い丹後。この資料館はパネルの展示で丹後町の歴史や人々の暮らしなどを紹介。

詳細を見る

琴引浜

観る琴引浜

網野町の北東部に位置する琴引浜は、全長1.8kmの白砂青松の大変美しい海岸です。浜の砂は「鳴き砂」と呼ばれ、足をするようにして歩くと‘‘キュッキュッ‘‘という音がする事からその名がつけられました。浜の一部には踏めば‘‘ドンドン‘‘と太鼓の音の様に鳴る場所もあり独特な風情が楽しめます。

観る鳴き砂の館

琴引浜鳴き砂文化館は、(財)日本ナショナルトラストが整備を進めている全国6番目のヘリテイジセンターとして建設されました。世界で初めての鳴き砂をテーマにした体験学習施設といわれています。琴引浜周辺の地元の住民の皆さんが協力し手作りで仕上げられた展示品がいっぱいです。琴引浜の鳴き砂はもちろん、世界の鳴き砂についても学ぶことができます。

詳細を見る

静神社

伝説静神社しずかごぜん(網野町)

源義経の側室。義経が兄頼朝と不仲になり、京を脱出。義経の死後、故郷の網野町に戻ったが20余歳という若さで人生の幕を閉じた。薄幸の静御前を哀れみ、小さな神社が建てられた。

詳細を見る

夕日ヶ浦

遊ぶ夕日ヶ浦

浜詰・夕日ヶ浦海岸は白砂青松の浜が久美浜・小天橋まで8kmに渡って続いています。遠浅の地形で岩場も一部ある為、海水浴・魚釣りの人々で賑わっています。又、紺碧の海が夕方になると茜色に変わり、夕日が水平線に沈むサンセットビーチとしても有名で、日本夕日百選にも選ばれ、ダイナミックなパノラマを求めてカメラマン達も多く訪れます。

詳細を見る

遊ぶ道の駅丹後王国食のみやこ

車で約20分
豊かな自然に恵まれた丹後半島のファームゾーンに、見て、ふれて、あじわって、体験する本格的な体験型農業公園として、平成10年4月にオープンしました。ヨーロッパの街並、ふれあい牧場、果樹見本園、お花畑、手作り食品工房、レストランホテル、遊具施設、芝生広場,売店など一つの街のにぎわいが再現されています。

詳細を見る

碇高原牧場

遊ぶ碇高原総合牧場

車で約40分
丹後半島の高原「碇高原」では、ハイキング、キャンプなど 森と緑の高原リゾートが楽しめます。碇高原は丹後半島の中でも高くに位置し、海に囲まれた丹後半島の日本海、若狭湾を見下ろせるのが特徴です。緑豊かな大草原には、碇高原総合牧場があり、数百頭の牛が自由奔放に放牧されています。その他にも、テニスコート、ふれあい牧場、碇コテージ、総合牧場を一望できるステーキハウスなど見所も盛りだくさんです。中でも「ふれあい牧場」は、自然と触れ合う体験型の観光拠点として、高い評価を受け、ポニー、羊(ひつじ)、山羊(やぎ)などの小動物から、畜舎などを触れ合って学ぶことができるのが特徴です。「ふれあいの池」には、白鳥も生息しています。

内山山系ブナ林

遊ぶ内山山系ブナ林

「京都府自然環境保全地域」に指定されている内山山系ブナ林には、ブナをはじめカエデやケヤキなど300種類を超す植物が自生しています。広さは約40haで北近畿最大級。ブナ林に入って樹木の香気を浴びれば、心がやすらぎ爽快な気分になることでしょう。

詳細を見る

太鼓山風力発電所

遊ぶ太鼓山風力発電所

全高75mにも及ぶ巨大オランダ製風車が、太鼓山(たいこやま海抜683m)の上に6機稼動する。丹後の新しいスポットです。風車は巨大で、支柱の下まで行くことができ、山の上からは丹後の海や山を見下ろせます。

風のがっこう京都

自然と環境を学ぶ山の上の教育訓練センター。3Fにあるレストラン「風」からは、伊根湾、網野、丹後はもちろん、空気の澄んだ朝などには、遠く福井県、三国、能登半島、石川県を望むことができます。

詳細を見る

丹後半島森林公園・スイス村

遊ぶ丹後半島森林公園・スイス村

京都府弥栄町の自然の中のレジャースポット。スキー,テニス,マウンテンバイク,キャンプ,バーベキューなど家族で自然を楽しむには最適です。

遊ぶスイス村スキー場

車で約30分
京都府丹後半島唯一のスキー場!標高683mにしては、かなりの積雪量を誇る。近くの林道をクロカンで遊ぶこともでき、リフトも4本(うち1本スノボー用)あります。

詳細を見る

宇川温泉よし野の里

遊ぶ宇川温泉 よし野の里

山と海の2つの温泉が特徴の宇川温泉・よし野の里。露天風呂もあり地元でも大人気の天然温泉。緑に囲まれた「山の温泉」、日本海が一望できる「海の温泉」と趣の異なる温泉は、それぞれに内湯と露天風呂があります。広い敷地内には、芝生広場・ゲートボール場、野草の丘などもあり、お湯に浸かる以外にも休憩所としてゆっくりくつろげます。

詳細を見る

小町公園

伝説小町公園おののこまち(大宮町・五十河)

平安時代の六歌仙の一人で絶世の美女として知られる。四位深草少将の猛烈な求愛に疲れはて、この地に隠れ住んだと伝わる。小町のお墓や、小町を開基と伝える妙性寺などがある一帯は、小町公園として整備されている。

乙女神社

伝説乙女神社はごろもてんにょ(峰山町磯砂山)

峰山町には二つの羽衣伝説がある。ひとつは「丹後風土記」にある日本最古の伝説。もう一つは羽衣を隠した狩人「さんねも」と結ばれた天女が 3人の娘をもうけたが、再び天上へ戻っていったという物語。娘の一人を祀った乙女神社に参拝すると、美しい女の子が授かると伝えられている。

細川忠興夫人隠棲地

伝説細川忠興夫人隠棲地ほそかわがらしゃ (弥栄町・味土野)

明智光秀の娘。丹後宮津城主細川忠興に嫁いだが、本能寺の変により、弥栄町味土野に幽閉された折、侍女からキリスト教の話を聞き、洗礼を受けて「ガラシャ」の名を授かった。「細川忠興夫人隠棲地」と刻まれた碑が立つ。

詳細を見る