ホテルからのたより

冬至

Posted on 2016-12-21

12月21日(水)

今日は一年で最も日照時間が短い日です
橋立ベイホテルブログ担当ロナウドですicon_biggrin.gif

今日の天気は晴れです。

今日は冬至ですicon_wink.gif

冬至といえば柚子湯に入ったり、カボチャを食べたりしますが
なぜかというとですね・・・

まずカボチャに関しては、冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています
にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といい
縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり
土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであると言われています。

また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です
本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです

えーそして次に、なぜ柚子湯に入るのかと、いうと

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが
もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています
昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で
現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました
端午の節句の菖蒲湯も同様です。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています

はい、インターネッツから引用してきましたicon_surprised.gif

なるほどー、先人達の知恵があるわけですね~

というわけで、ベイホテルでもお風呂に入れる用の柚子をフロント、ロビーにおいてますicon_exclaim.gif

柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり
果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があるんですってicon_exclaim.gif

さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立つそうですicon_eek.gif

僕も柚子湯に入ってリラックスしますicon_mrgreen.gif

Calendar

2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去の記事

検索